LINEで送る
Pocket

2つのお財布を管理するのは大変

IMG_1573

母さん税理士の癒し(お客様からのイラスト入りメッセージ)

 

2つのお財布

個人事業主はお財布を2つもち、管理しなければいけません

プライベート用のお財布と事業用のお財布

 

事業用のお財布からお金が出たり、入ったりするたびに

「現金」という勘定科目を減らしたり、増やしたりしなければいけません

 

もちろん2つのお財布は別々に管理し、

お金が混ざらないように気を付けなければいけません

 

頭でわかっていても

この2つのお財布を分けて管理するのはとても大変です

 

「現金」勘定を使わない?

いっそ事業用のお財布をなくしてしまったら

「現金」という勘定科目を使わなくて済みます!

 

しかし、実際には事業に関する現金収入、現金支払いがあり

こういう場合はどうすればいいのか

 

売上代金10,000円を現金で受け取った場合

その現金は事業用の現金なのですが

受け取ってすぐにプライベートのお財布に入れちゃった

という経理処理をすればよいのです

 

仕訳

事業主貸 10,000円/ 売上高 10,000円

 

事業主貸についてはこちら

個人事業主だけの勘定科目 「事業主貸」と「事業主借」の意味と使い方

 

事務用品3,000円を現金で支払った場合

プライベートのお財布から現金をだして支払った

という経理処理をすればよいのです

 

仕訳

消耗品費 3,000円/ 事業主借 3,000円

 

 

このように、事業用のお財布は持たず

現金での収入、支払は、すべてプライベートのお財布から行っている

という経理処理にすると「現金」勘定は出てきません

 

事業用のお財布を管理する必要はなく

事業用の現金残高を合わせる必要もありません

 

オススメしない人

「現金」という勘定科目を使わない方法を説明してきましたが

この方法は売上代金は口座へ振り込れ、たまに現金入金がある方にオススメします

 

現金売上がメインの商売にはオススメしません

なぜなら、売上を抜いてないよ、きちんと事業用の現金を管理しているよ

というスタンスが大切だからです

売上を抜くことは絶対にしてはいけない脱税行為です、節税対策は計画的にしましょう

もしこの方法で経理したいのであれば

売上代金の現金は、そのまま口座へ入れてしまいましょう

 

仕訳

現金代金10,000円を現金で受け取った

現金 10,000円/ 売上高 10,000円  

 

受け取った現金を口座に入金した

普通預金 10,000円/現金 10,000円

 

この二つの仕訳を略して

普通預金 10,000円/ 売上高 10,000円

という一つの仕訳にしてしまいしょう

そうすれば「現金」勘定を使わずに済みます

 

経理はやらなくちゃいけないのですが

少しでも負担を減らして、効率よく経理していきましょう

 

今年も、半年が過ぎようとしています(早い~)

半年分の経理をため込んでいる方へ

7月4日みんなで経理を頑張る会

に参加して、さくっと経理を片付けちゃいましょう

 

~今日のつぶやき~

夏休みの計画中

夏の北海道に行くのが夢ですが

子供が楽しいのは海ですよねえ。。。

◆在宅勤務できる方募集→→募集を締め切らせていただきました

◆セミナー情報 9/12税理士が教える開業手続きから経理の基礎

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

LINEで送る
Pocket