インボイス制度が導入されると、誰がどんな影響を受ける??あなたの立場はどこですか??

LINEで送る
Pocket

納税されない消費税をなくすために

IMG_1165

柿の葉すし

 

これまでのおさらい

今年の改正に向けて、消費税のキホンのキをのんびり書いてきました

今日は先へ1つ進めようと思いますが、その前におさらいです

 

直接税と間接税とは?

直接税と間接税とは?一度は聞いたことあるけれど、、、なんだっけ?という人のために簡単に解説します

 

間接税の代表的なものである消費税のしくみとは?

消費税のしくみを簡単に解説します!消費税を納税するのは誰?消費税はどうやって計算する?

 

納税されない消費税があるって知ってましたか?

納税されない消費税がある??インボイス制度が導入される理由を簡単に解説します

 

納税されない消費税をなくすために

母さん税理士がトマト100円+消費税8円を買ったら

消費税8円を負担するのは母さん税理士

納税するのは農家さん(4円)、加工業者(2円)、スーパー(2円)です

それぞれの消費税を合わせると8円になります

 

 

キャプチャ1

 

この中で、農家さんが免税事業者※だったら

農家さんの4円は納税されず、農家さんの利益になります

※消費税の特例で、小規模の事業者は消費税の申告納税をしなくていいよ、というものです

 

この納税されない消費税4円をなくすために、2019年10月改正でインボイス制度が導入されます

 

どのように納税されない消費税4円をなくすかというと、、、

加工業者が納税する消費税は

預かった消費税6円-支払った消費税4円=2円

このように計算しています

 

インボイス制度が導入されると

支払った相手先が免税事業者の場合、支払った消費税4円は引けなくなります

つまり、加工業者が納税する消費税は、預かった消費税6円になります

 

すると母さん税理士が負担した消費税8円は

スーパー(2円)と加工業者(6円)が納税します。

それぞれの消費税を合わせると8円、納税されない消費税がなくなるわけです

 

加工業者の立場になって考えてみる

加工業者の立場になって、消費税の納税額と利益を考えてみましょう

 

農家さんが消費税の申告納税をしていれば

消費税の納税額は2円(6円-4円)

利益は30円(80円-50円)

 

農家さんが免税事業者でインボイス制度が導入されると

消費税の納税額は6円(免税事業者から買った場合は、消費税4円を引けない)

利益は26円(80円-54円)

 

ここで注目すべきは、消費税の納税額が増えたことではありません!!

消費税は、母さん税理士が負担すべきものを、かわりに納税しているだけです

加工業者が負担しているのではありません

 

注目すべきは、利益が減ることです!!

母さん税理士が加工業者だったら、

・消費税の申告納税をしている農家さんから買うようにする

・免税事業者である農家さんに値下げ(54円から50円へ)を依頼する

どちらかの行動をとるでしょう

 

値下げしてもらえば、農家さんが免税事業者でインボイス制度が導入されても

加工業者の利益は30円(80円-50円)とこれまで通りです

 

そして、納税されない消費税4円を利益としてきた農家さんは

残念ながら利益が減ることになります

 

さて、あなたはどの立場の事業者ですか?

免税事業者の農家さん??免税事業者から購入している加工業者??

 

長くなったので、今日はここまで!!

 

~今日のつぶやき~

明日で7月も終わりです

7月の申告は順調に終わり、8月申告の準備中

8月は短い(夏休みがあるので)ので早め早めに進めたい。。。

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

現在募集しているセミナーはありません

セミナー開催のご依頼はこちら

過去のセミナー・イベント履歴はこちら

 

◆Twitter、Facebook、メールでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

メール→週に1回、ブログ更新情報と母さん税理士の雑記を

メールでお届けします。登録は下記から。

ブログ更新情報を週1回メールでお届けします。

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket