消費税のしくみを簡単に解説します!消費税を納税するのは誰?消費税はどうやって計算する?

LINEで送る
Pocket

消費税の話

IMG_0941

マンゴーの季節

 

消費税を納税するのは誰?

消費税は、商品やサービスを買ったときにかかる税金です

 

母さん税理士が、Aスーパーで、100円のトマトを買ったら8円の消費税を払います

消費税8円の支払先はAスーパーで、母さん税理士が国に納税しているわけではありません

8円を国に納税するのは、Aスーパーです

 

母さん税理士が8円の消費税を負担し、Aスーパーが8円の消費税を国に納付する

つまり消費税を負担する人と納税する人が異なるので、消費税は間接税ということになります

 

直接税と間接税とは?一度は聞いたことあるけれど、、、なんだっけ?という人のために簡単に解説します

 

納税する消費税はどうやって計算する?

Aスーパーは、100円で売っているトマトを、B卸売市場で80円で仕入れてきました

B卸売市場に80円支払うときには、6円の消費税も払います

 

Aスーパーは

100円のトマトを売ったときには、8円の消費税を預り

80円のトマトを仕入れたときには、6円の消費税を支払いました

 

8円の消費税を国に納税したら、、、払いすぎですよね

Aスーパーが国に納付する消費税は2円(8円-6円)です

 

Aスーパーは、B卸売市場に6円の消費税を支払っているので

B卸売市場が6円の消費税を国に納付します

 

母さん税理士が負担すべき8円の消費税は

Aスーパーが2円、B卸売市場が6円、それぞれ納付することになります

 

B卸売市場は、C農家からトマトを50円で仕入れてきて

C農家に4円の消費税を払っていたら、、、

この先は書きませんが(笑)

 

消費税のしくみ

母さん税理士が負担する8円の消費税は

Aスーパー、B卸売市場、C農家、それぞれが納税し

その納税した金額の合計額が8円になる

これが間接税である消費税のしくみです

 

混乱してきましたか??

図であらわすとこんな感じです

 

キャプチャ1

 

これが消費税のしくみと、納税する消費税額の計算方法です

これは原則の計算方法で、特例の計算方法もあります

特例の方が簡単なので、「原則」に対して「簡易課税」と呼ばれる計算方法になります

 

簡易課税の計算方法については、また今度。。。

 

【関連記事】

直接税と間接税とは?一度は聞いたことあるけれど、、、なんだっけ?という人のために簡単に解説します

納税されない消費税がある??インボイス制度が導入される理由を簡単に解説します

 

~今日のつぶやき~

ブログ内の図は、セミナーでつかった資料をちょっと加工しました

セミナーではポテトチップスを事例にしましたので

加工業者が間に入っています(笑)

ベランダで育てているトマトが病気かもしれなくて、、、

朝晩、気になってベランダを眺めています、、、

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

10/8 経理を頑張る会

10/11 消費税のしくみと、小さな個人事業主会社がすべき消費税対策

10/15 税理士が教える個人事業主の開業手続き

セミナー開催のご依頼はこちら

過去のセミナー・イベント履歴はこちら

 

◆Twitter、Facebook、メールでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

メール→週に1回、ブログ更新情報と母さん税理士の雑記を

メールでお届けします。登録は下記から。

ブログ更新情報を週1回メールでお届けします。

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket