手抜き夕食にパルシステムの冷凍チャーハンがおすすめ!一手間かければさらに美味しくなるオススメ調理法は、、、

LINEで送る
Pocket

IMG_2099

場所とりすぎ!

 

パルシステムの冷凍チャーハン

母さん税理士にとって、パルシステムは手抜き料理にかかせないアイテムです

娘(10歳)を妊娠しているときからの長いお付き合いになりました

 

オススメ商品はいろいろあるのですが

その中でも、パルシステムの冷凍チャーハンは常備しておきたい商品の1つです

夕飯をつくる気力がないときや、休日の手抜きご飯にぴったり!

 

冷凍チャーハンのおすすめ調理方法

お皿にうつして、電子レンジを使ってでつくることもできますが

母さん税理士のおすすめは、フライパンで炒めながら解凍する方法です

パラパラチャーハンができあがります

 

ちょこっと気力が残っているときは、、、

チャーハンを炒める前に、フライパンで溶き卵を炒めて、一度お皿に取り出します

同じフライパンでチャーハンを炒めて、出来上がる直前に、だきほどの炒り卵をチャーハンに投入!

冷凍チャーハンにも炒り卵がはいっていますが、色合いや量がしょぼいので(パルシステムさん、ごめんなさい)

炒り卵だけ別に作ってチャーハンに混ぜると、卵の色がきれいで豪華に見えます

 

もう少し気力が残っているときは、、、

チャーシューやベーコン、ソーセージなどを大きめに切って、チャーハンに投入します

一気にボリュームが出て、子供たちは大喜び

 

量が足りないときは?

パルシステムのチャーハン(ピラフ)は、基本1袋が1人前で、2袋で販売されています

常備するときは、2つ(4人前)購入しておくのですが

最近、子供たちがよく食べるようになったので、4人前では足りないことも。。。

 

そんなときは冷凍ご飯を解凍して、チャーハンを炒めるときに投入します!

味見をして薄かったら、塩こしょう、醤油(にんにく醤油も美味しい)を追加してもよいですね

チャーハンそのものが濃い味なので、1人分の白飯を投入してもそんなに薄くならなかったです

(好みだと思いますので味見してくださいね)

 

おすすめのチャーハンとピラフのご紹介

おすすめチャーハンはこちら

直火炒めチャーハン(産直米)230g×2

キャプチャ

パルシステムのこだわりチャーハンです

そして美味しい!

 

効率を優先しない、こだわりの直火炒め製法。

中華料理店で食べる、パラパラした食感のチャーハンは、家庭の台所の火力ではなかなか作れないもの。

本品は鉄鍋を使い、高温の直火で一気に炒めることで米の水分をほどよく抜き、一粒一粒を卵と炒め油でしっかりくるみます。

効率優先ではできない直火炒めだからこその製法で”プロ級の味”に近づけました。

(パルシステムのサイトより)

 

こちらのピラフもおすすめ

IMG_2114

発芽玄米がもちもちして美味しいです

母さん税理士は炒り卵とベーコンを投入して、より色鮮やかに、かつ手作り風に(笑)作りました

 

手抜きだけれど、少し手を加えて(気力があるときは、、、)美味しいチャーハンを作る

そんな母さん税理士の自己満足をかなえてくれるのが、パルシステムの冷凍チャーハン(ピラフ)です

 

~今日のつぶやき~

お料理の先生には見られたくないな、このブログ。。。

お料理教室で教わったレシピは、気力と時間、両方あるときに作っています(本当です!笑)

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

12/3経理を頑張る会

セミナー開催のご依頼はこちら

過去のセミナー・イベント履歴はこちら

 

◆Amazon Kindleで販売中

母さん税理士 家事・育児・仕事のやりくり奮闘記 その1

 

◆Twitter、Facebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

 

◆ブログ更新情報と先週の雑記を週1回メールでお届けします。

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket