災害から家族を守るために、子供が1人でいるときの避難方法を繰り返し話し合いましょう

LINEで送る
Pocket

訓練

IMG_6646

水槽が大きくなるらしい、、、

 

不審者対策の訓練?

子供たちが通う小学校では

地震、火災の避難訓練のほかに

不審者が侵入した場合の訓練もしているらしい

 

娘いわく

教室のドアをつっかえ棒で開かないようにし

さらにドアのところに、机や椅子を重ねて置いて

不審者が入れないようにする

生徒たちは教室の隅にかたまり、頭をかかえて小さく座る

不審者にみつからないように静かにする

こんなところです

 

ちなみに、娘の担任の先生は

不審者と闘わなければいけないので

娘のクラスは隣のクラスへ避難することになっているようです

(先生、、、男性だから??大変だ、、、)

 

うーん、すべきことが細かく決まっていて

さらに繰り返し訓練しているから

母さん税理士にもすらすらと説明できるくらい

娘は体に避難方法が染み付いているようです

 

地震のとき、火災のときも

同様に避難方法が確立されているようです

 

1人の避難方法

この話を聞くと、100%といえないまでも

学校にいるときに災害が起きたときの方が安全のように思える。。。

 

子供たちが小学生になり

幼稚園と違って送迎がなくなり

子供1人で行動する時間というものができました

 

1人のときに災害が起こったら

どう行動すべきか

どこへ行くべきか

してはいけないことは何か

学校の訓練と同様、繰り返し親が伝えるべきです

実際、避難場所へ行ってみるなど、行動してみたほうがより訓練になるでしょう

 

今日、夕飯を食べながら、子供たちと一緒に

子供たちが1人になるあらゆる場面を想定し

場面場面で、行くべき場所などを確認しました

 

繰り返すことで体に染みつかせる

学校の避難訓練と同様

定期的に、話し合う必要があります

子供たちの体に、1人の場合の避難方法を、染みつかせなければいけません

 

自然災害は本当に恐ろしいです

明日は我が身と思って、自分のために、家族のために、対策をしましょう

 

~今日のつぶやき~

昨日の震災でお亡くなりになられた方のこと、ご家族のことを思うと

昨日は一日中、胸がざわついて落ち着きませんでした

とくに小学生の女の子が、娘と同じ歳で、、、

ご冥福をお祈り申し上げます

 

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

9/3開業手続きから経理の基礎(満員御礼)

9/12開業手続きから経理の基礎(満員御礼)

 

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket