まるで「のだめカンタービレ」の世界?音楽の楽しさを教えてくれるピアノ教室に通わせたいですね

LINEで送る
Pocket

音楽を楽しむこと

IMG_6534

届いてしまった。。。

 

うん十年前のピアノ教室?

母さん税理士がうん十年前に習っていたピアノ教室では

フォルテは強く

ピアノは小さく

クレッシェンドはだんだん大きく

、、、

という風に、楽譜に忠実に弾くことを教えてくれました

 

中学生になって先生を変えて

表現方法、弾き方をもう少し専門的に教わりましたが

母さん税理士の根本的な音楽のとらえ方は

最初に教わった通り、楽譜に忠実にというに、が抜けませんでした

 

今どきのピアノ教室?

子供たちが通っているピアノ教室

いつも母さん税理士は付き添っているのですが

その教え方に、母さん税理士の音楽に対する概念がひっくり返されましたよ

 

一番びっくりしたことは

  • 曲に物語を考えてくること
  • その物語の紙芝居を作ること
  • 楽譜にその場面の絵を描いてくること

これらが宿題になるのです

 

楽譜に絵を描く??

母さん税理士が子供のころには考えられないことです

 

ピアノを弾く練習よりも、楽しそうに宿題をする子供たち

その曲に対するイメージをどんどん膨らませていきます

 

クーラウのソナチネより

怖い魔女が登場!

IMG_5899

 

猫がネズミを追いかける場面

IMG_5900

 

まるでトムとジェリーの追いかけっこ

IMG_5901

 

ジェリーが遊園地で楽しんでいるところ

IMG_5902

 

のだめカンタービレの世界?

ここで思い出したのが「のだめカンタービレ」

母さん税理士が大好きな漫画本です

アニメにもテレビドラマにもなりましたね

 

主人公で音大生の野田恵(のだめ)が

よく曲に対するイメージを妄想するのですよ

 

たとえばベートーベン ピアノソナタ悲愴

のだめのイメージは

実家が新築したとき、2階に玄関ができて

引っ越し中何度も階段を上り降りしなくちゃいけなくて

悲しい顔をしているおじいちゃんとおばあちゃんなんです

…続く   のだめカンタービレ12巻より

 

 

のだめカンタービレ、ストーリーの中で

ピアノ、オーケストラ、室内楽などなど、たくさんの曲が出てくるのですが

それらの曲のイメージを表現豊かな絵で見せてくれます

 

フォルテ、ピアノ、クレッシェンド、、、だけでは表現することができない曲の世界を

「のだめカンタービレ」の世界のように妄想や絵でイメージを膨らませて、そして演奏する

そんな楽しみ方を、子供たちが通っている教室では教えてくれます

 

(本当は、作曲家と曲が作られた時代の歴史を踏まえて、、、

なのでしょうが、子供たちはまだそこまでは至らず、です)

 

今どきのピアノ教室はこんな感じなのかな

楽しみながらピアノを学んでいる子供たちが、うらやましいです

 

子供のころにピアノを習っていたママたちが

我が子にピアノを習わせること多いと思うのですが

やっぱり音楽を楽しみながら学べることが一番ですよね

 

のだめカンタービレの世界のように、楽しみながら学べるお教室選びしてあげたいですね

 

~今日のつぶやき~

ウーパールーパーともっと!仲良くなれる本

届いてしまったよ

娘、相当読み込んでいるよ(漢字がわからないーと言いながらも)

困ったよ

 

 

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

9/3開業手続きから経理の基礎(満員御礼)

9/12開業手続きから経理の基礎(満員御礼)

10/10経理を頑張る会

10/10ミニ税金教室(源泉所得税)

 

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket