Eテレ「奇跡のレッスン」をみて考えたこと。誰に教わるかで人生が変わる可能性があるということ。

LINEで送る
Pocket

Eテレの「奇跡のレッスン」という番組を知っていますか

IMG_3681

じょうろが欲しい

 

「奇跡のレッスン」

奇跡のレッスン

~世界の最強コーチと子どもたち~

世界の一流指導者が子どもたちに1週間のレッスンを行い、技術だけでなく心の変化まで呼び起こす。

Eテレ 毎週金曜 午後10時 | 再放送毎週月曜 午前0時45分(日曜深夜)

 

オリンピックメダリストなどを育てたような一流の指導者が、

公立中学校の部活動に所属する子どもたちに、1週間指導をするのです

 

これまでバトミントン部、バレーボール部、テニス部、などの部活動、そのほか

合唱部やアート(図工)、料理の専門学校などスポーツ以外の多岐にわたる一流の指導者、世界の第一線で活躍する指導者が、

日本へやってきて子供たちに指導する様子が放送されました

 

たった1週間、それでも毎回子どもたちは大きく変化します

技術的なことはもちろん、心の成長も遂げるのです

番組を見る前は、たった1週間で何ができる?と思った母さん税理士ですが

7日間、日々子供たちが変化していくのがわかるのです

母さん税理士の大好きな番組の一つになりました

 

指導者に共通していること

母さん税理士がこの番組を見て感じたのは

どの指導者にも共通していることがあるということ

 

子どもたち一人ひとりの実力と性格を見極める力があり、その一人一人に合わせた指導ができるということ

子どもの心をわしづかみにし、ぐっと引き上げることのできる、人としての魅力があるということ

上から目線ではなく、子どもを1人の人として尊重し接していること

 

そんな指導者に出会えば、たった1週間であっても見違えるように変われるということを「奇跡のレッスン」は見せてくれたのです

 

習い事選びに妥協してはいけない

「奇跡のレッスン」を見て、母さん税理士が考えたのは子供の習い事のこと

そもそも習い事が必要なのか、ということはここでは考えません

 

習い事をする、と決めたとき、誰から学ぶのかということが子供の人生に大きく影響するのではないか

1つの習い事を数年続けたとすると、「奇跡のレッスン」の1週間どころではない長い時間をその指導者と共に過ごすわけです

技術はもちろん、子どもの心の成長に大きな影響を与えるのは間違いないでしょう

 

母さん税理士は、新しい習い事を始めるときは、情報収集と見学、そして体験をして、教室を決めています

とある習い事については、うちの近くにいくつも教室がありますが

車で送迎しなければならない2駅先の教室に通わせています

その教室の先生がとても魅力的で、子供たちもよいはず、と判断したからです

 

もっと近くの教室に通わせていれば時間的にラクなのに、と最近考えることがありました

でも、「奇跡のレッスン」をみて、これまで通りにここときめた教室に通わせようと思いなおしました

 

習い事の種類をきめ(スイミング、サッカー、そろばん、英語、、、)

種類を決めたら、どこの教室で、誰に教わるのかを決めるわけですが

ここは妥協せずに決めるのも親の役目です

 

どんな基準で、というのは母さん税理士が断言することはできません

母さん税理士の基準で、この先生がいいよ!と言っても

子どもの性格の違い、環境の違い(送迎の手段、住んでいる地域など)で

必ずしもあなたの子供にいいとは限らないから

 

子供や環境のことを一番よく知っているのはあなたです

だからあなたが、この先生に教わりたい、という教室を選んであげることが重要なのです

噂とか、友達に誘われたとか、そういうことではなく、あなたが見て聞いて決めましょうね

 

~今日のつぶやき~

今日も「奇跡のレッスン」をみました

マレーシアのバドミントンナショナルチームのコーチ、ミスボンさんが親たちに語った言葉

子どもたちがスポーツに夢中になるとき、あなた方は子供を失います

それは指導者が彼らの人格を形成するからです

でも信頼してください

私たちは子供たちに人生を生き抜くための独立心を持たせたい

こんな指導者に出会えたら、、、と思わずにはいられませんでした

Follow me!

LINEで送る
Pocket