細々と事業をすることも、ママ起業家の特権です!細々とを可能にするために気を付けることは?

LINEで送る
Pocket

IMG_0601 (1)

補助ペダル

 

ママ起業家の特権?

かれこれ6年くらい顧問契約をしてくださっている、あるママ起業家の方

いろいろな事情もあり、ずっと細々と事業をされていました

ここ最近は、どどーんと事業拡大して節税対策も必要になりました

 

ずっと細々と、、、

これができるのがママ起業家の特権です

 

ママ起業家がしている事業は、しょせんおままごとだ

というような文面を読んだことがあります

細々と、、、が許される状況にあること

つまり、旦那さんが生活費を稼ぐから、売上や利益がなくても(または小遣い程度でも)成り立つということが

そう言われる所以かなあ、と推測しています

 

でも母さん税理士は、細々とできることこそママ起業家の特権であると考えています

そのうえ、やるぞと思ったときに事業拡大することもできるのです

 

子供が小さいから

家事をしっかりやりたいから

あまり忙しくなりたくない

ちょこっと贅沢したいから

細々と事業をする理由は、いろいろあるでしょう

 

売上や利益が小さくとも、顧客数が少なくても

理由があって細々と事業をしているのだから

おままごとではなく、立派な事業です

 

事業拡大したいと思ったら、そのときに、それ相応の行動をすればいい

他人が何と言おうと、家族が同意してくれるなら(←これは大事デス)

どんな規模であっても、立派な事業なのです!

 

細々と、を可能にするためには?

細々と、を可能にするために気をつけなければいけないこと

それは固定費を少なくすること

 

固定費は、売上に関係なく(たとえ売上がなくても)支払わなくてはいけない費用です

 

たとえば家賃

お店や事務所の賃貸をすれば、毎月必ず家賃を支払わなければいけません

家賃を払うためにはそれ相当の売上が必要になります

細々と、とは言ってられなくなりますね

自宅で開業するママ起業家が多いのは、細々と、を実現させるためでしょう

 

セミナー代(塾、コンサルなど)

広告費(ホームページ、ネット広告など)

飲食代(交流会、ランチ会など)

これらも、必要な費用ではあるのですが、かけすぎてはいけません

 

たとえ赤字になったとしても、ここぞというときに必要な費用もあります

でもね、細々と、であっても事業なのですから

固定費のせいで赤字が続くことのないように気をつけましょう

 

~今日のつぶやき~

息子は、ピアノのペダルに足が届きません

最近ペダルを使う曲を練習するようになり

迷いに迷って、補助ペダルを買いました

いつも足がブラブラしながら練習していたので

足台としても買ってよかった!

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

12/3経理を頑張る会

セミナー開催のご依頼はこちら

過去のセミナー・イベント履歴はこちら

 

◆Amazon Kindleで販売中

母さん税理士 家事・育児・仕事のやりくり奮闘記 その1

 

◆Twitter、Facebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

 

◆ブログ更新情報と先週の雑記を週1回メールでお届けします。

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket