預金口座に入金された日に、入金された金額を売上にしている?その売上高、間違えているかもしれません

LINEで送る
Pocket

売上はいくら?

IMG_8765

生命力

 

売上高、何をみて記帳していますか

売上高を記帳するとき、集計するとき

何をみて確認をしていますか

 

通帳をみながら

売上金額が入金された日にちに

入金された金額を記帳していますか

 

クラウド会計を導入しているならば

銀行口座と連動させて、やはり

売上金額が入金されている日にちに

入金された金額を記帳していますか

 

入金された日にちに、入金された金額を、売上高として計上すること

合っていることもありますが、間違えている可能性も大です

 

売上高を計上すべき日とは

売上高を計上すべき日は

モノを売って収入を得ている場合は、モノを引き渡した日

サービスを売って収入を得ている場合は、サービスが完了した日

例外もありますが、これが大原則です

 

月末締め、翌月末払いというルールがある場合(個人事業主を前提)

11月にモノを売った(引き渡した)売上金額は、12月に入金されます

12月にモノを売った(引き渡した)売上金額は、翌年1月に入金されます

 

もし入金された日で売上を集計してしまうと

12月の売上として計上しなければいけない金額が

その年の売上からもれてしまいますよ

 

売上高の金額とは

売上として計上すべき金額は、モノやサービスの金額です

請求書を発行しているならば、その請求書に記載されている金額が売上金額です

 

手数料が引かれていませんか

口座に入金されたその金額、、、

振込手数料、〇〇手数料、クレジットカード手数料が引かれていませんか

業界によっては振込手数料を引いて振込む慣習があります

 

振込手数料のほかに、事務手数料や〇〇協会手数料など名目はさまざまですが

一定の手数料を引いて入金されることもよくあることです

 

お客様がクレジットカード決済をした場合、

クレジットカード会社から入金される金額は、クレジットカード手数料が引かれています

 

売上高として計上する金額は、振込手数料などを引く前の金額ですよ

 

源泉所得税が引かれていませんか

口座に入金されたその金額、、、

源泉所得税が引かれていませんか

 

自分が発行した請求書に、源泉所得税の金額を記載していなくても

相手が法人などの源泉徴収義務者であった場合は、源泉所得税が引かれて入金されます

 

売上高として計上する金額は、源泉所得税を引く前の金額ですよ

 

 

これからの時期、あわてて1年分の売上を集計することもあるかもしれませんね

そのようなときは通帳の入金記録だけをひろって、売上高、としてはいけません

その年の売上がすべて集計されているか、売上金額に間違いはないか

しっかりと確認しましょうね

 

【関連記事】

振込手数料を引いて入金があったとき、支払をしたときの仕訳を考えてみよう

委託販売をしているハンドメイド作家さん、農家さんは要注意!売上計上と棚卸について

母さん税理士おすすめ!イベント売上と経費を管理する方法

売上を抜くことは絶対にしてはいけない脱税行為です、節税対策は計画的にしましょう

 

~今日のつぶやき~

我が家のパキラ、背丈が大きくなりすぎたので

真ん中で切ったら、横から新芽がでてきた!

生命力を感じるー

 

◆単発コンサルティング

具体的なご相談がある方はこちらからお申込みください

 

◆セミナー情報

10/8 経理を頑張る会

10/11 消費税のしくみと、小さな個人事業主会社がすべき消費税対策

10/15 税理士が教える個人事業主の開業手続き

セミナー開催のご依頼はこちら

過去のセミナー・イベント履歴はこちら

 

◆Twitter、Facebook、メールでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→https://www.facebook.com/masakotax/

メール→週に1回、ブログ更新情報と母さん税理士の雑記を

メールでお届けします。登録は下記から。

ブログ更新情報を週1回メールでお届けします。

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています

LINEで送る
Pocket