LINEで送る
Pocket

貸借対照表を作成するためには、残高を合わせなければいけません

IMG_0051

寒がり息子、ヒーターの前を陣取る

 

貸借対照表を作成するために

法人と青色申告をしている個人事業主は

決算のときに貸借対照表を作成しなければいけません

 

貸借対照表は

資産(現金、預金、売掛金、建物など)

負債(未払金、借入金など)

資本(資本金、元入金など)

からなっています

 

資産と負債を正しく表示するためには

それぞれの残高を合わせることが重要です

 

法人だったら事業年度の末日、個人だったら12月31日の

残高を合わせなければいけません

現金や預金の残高は、チェックしやすく合わせやすいのですが

それ以外の残高は日々の、月々の経理の積み重ねで合わせていくしかありません

 

反対に、小さなミスの積み重ねにより残高が合わなくなると

合わせる作業は大変なことになります

 

経理社員がいる、経理代行お願いしていれば大丈夫?

経理の社員がいる、経理代行の委託している

だから大丈夫!

本当ですか??

母さん税理士は、こういった法人や個人から経理を引き継いだ時に

残高が合っていない会計書類を見ることが多々あります

 

社長や個人事業主が、日々、毎月、残高を合わせることは

なかなか難しいと思いますが

年に1度、決算のときは、きちんと確認する(確認させる)ようにしましょうね

 

売掛金の残高を合わせる

請求書を発行したときに、売掛金を計上して

その入金があったときに、売掛金を消し込む

この処理ができていれば、必ず残高が合うはずなのに合わない

 

そんなときは次の点を見直してみましょう

 

・手数料を引かれて入金されていないか

10,800円の売上があって、売掛金が10,800円ある

振込手数料756円引かれて、10,044円入金された

このときに10,044円売掛金を消し込んでいると、残高が合わなくなります

売掛金は10,800円消し込みましょう

 

仕訳:

売上があったとき

売掛金 10,800円/ 売上10,800円

 

入金があったとき

現金預金 10,044円/ 売掛金10,800円

支払手数料 756円/

 

・消費税抜きの金額が入金されていないか

10,800円の売上があって、売掛金が10,800円ある

得意先のミスで、10,000円入金された

このときに10,800円売掛金を消し込んでいると、残高が合わなくなります

 

仕訳:

売上があったとき

売掛金 10,800円/ 売上10,800円

 

入金があったとき

現金預金 10,000円/ 売掛金 10,000円

(この時点で、売掛金は800円残っていることになります)

 

 

こういった小さなミスはよくあることですが、

年に1度確認して訂正していくことで残高を合わせることができます

小さなミスだからと放置して年々積み重ねていくと

解明不明な残高になってしまうので気をつけましょうね

 

~今日のつぶやき~

税を考える週間20161111

明日、八王子ドン・キホーテ前あたりで無料相談と税金クイズやっています

母さん税理士は黄色いジャンパー着て立っていますよ

お暇な方、相談がある方、お待ちしております!

http://www.hachiojizeirishikai.jp/

 

 

◆イベント情報 7/4みんなで経理を頑張る会

◆在宅勤務できる方募集→→

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

LINEで送る
Pocket