LINEで送る
Pocket

個人事業主が12月31日に確認することの一つです

IMG_0515

年内最後の経理を頑張る会でした

 

棚卸資産の決算仕訳

平成28年中に仕入れをした商品のうち

12月31日にまだ販売されずに残っているものについては

「棚卸商品」として資産に計上しなければなりません

 

取引1)

1,000円の商品を10個仕入れた

仕入 10,000円/ 現金 10,000円

 

取引2)

上記の商品6個を2,000円で販売した

現金 12,000円/ 売上 12,000円

 

決算時)

12月31日に上記の商品4個が販売されずに残っていた

商品 4,000円/ 仕入4,000円

または

商品 4,000円/ 期末商品棚卸高※ 4,000円

 

※期末商品棚卸高は仕入からマイナスする勘定科目です

 

平成28年中の取引がこれらだけだとすると

平成28年の利益は

売上高12000円-仕入6,000円=利益6,000円

このようになります

 

決算のときに棚卸資産を確認しないと

売上高12,000円-仕入10,000円=利益2,000円

となってしまいます

平成28年にまだ販売していない分の仕入は、平成28年の費用にできないので気を付けましょう

 

決算書の記入の仕方

↓青色申告決算書(損益計算書)

IMG_0516

損益計算書には次のように記入します

売上(収入)金額① 12,000円 

仕入金額③ 10,000円

小計④ 10,000円

期末商品棚卸高⑤ 4,000円

差引原価⑥ 6,000円

差引金額⑦ 6,000円←利益

 

↓青色申告決算書(貸借対照表)

IMG_0519

貸借対照表の棚卸資産(右の列の期末のところ)に4,000円を記入します

 

平成29年の仕訳と決算書の記入

平成28年に仕入にならなかった4,000円(1,000円の商品4個)について

平成29年1月1日にの仕入(費用)にします

 

1月1日の仕訳

仕入 4,000円/ 商品 4,000円

または

期首商品棚卸高※ 4,000円/ 商品 4,000円

 

※期首商品棚卸高は仕入にプラスする勘定科目です

 

決算書の記入

損益計算書には(上記の写真参照)

期首商品棚卸高② 4,000円

を記入します

 

 

個人事業主の期末は12月31日です

今月末ですね!

棚卸資産の確認を忘れずに行いましょうね

 

こちらも忘れずに↓

期末(年末)に未使用の切手や収入印紙があったら決算仕訳をしましょう

 

 

~今日のつぶやき~

年内最後の経理を頑張る会

和気あいあいと、でも着実に作業を進めていらっしゃいました

母さん税理士は自分の領収書を整理をすることができて、すっきりしました!

 

 

◆在宅勤務できる方募集→→募集を締め切らせていただきました

◆セミナー情報 9/12税理士が教える開業手続きから経理の基礎

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

LINEで送る
Pocket