LINEで送る
Pocket

子供たちの交通事故死のニュースは、本当に悲しいです

IMG_0290

ヒーターの前の占領する息子

 

高齢者の運転による事故が多発している

連日、高齢者の運転による事故のニュースがとりあげられています

母さん税理士も、自分が運転しているとき、歩いているときに

高齢者とみられる方の運転にひやっとしたことがあります

 

高齢者による運転だけではありません

横断歩道ではないところを、急ぐ様子もなくゆっくり歩く高齢者の方

母さん税理士が運転しているときに何度もみかけて、危ないなあ。。。と思いました

 

今日、駅からの帰り道

甲州街道のいちょう並木で見たのですが

道路に出て銀杏を拾っている高齢者の方

ぎりぎり白線の内側に入っているかいないかのところで、夢中になって拾っていましたが

運転者からみると怖いですよね、、、

 

きっと昔からこういうことってあったのでしょうが

最近ますます進む高齢化社会によって、その頻度が多くなり

より危険な場面が多くなったのでしょうね

 

自分と家族を守るために今すぐできること

〇歳になったら運転免許を返納してもらう

免許更新時の審査を厳しくする

など、高齢者に対してルールを作るとともに

私たちができることは、今すぐにやらなくてはいけません

自分自身と家族を守るために!

 

・信号待ちのときは、一歩下がって待つこと

ガードレールや電柱がそばにあるならば、その後ろで待つくらいがよい

万が一、車が突っ込んできたときにガードしてくれるからです

 

・青信号でも左右の確認を大切に

このときに運転者と目を合わせることが大切

これから渡りますよ、とまっていてくださいね、のアイコンタクトです

青信号だから安全、ではありません

 

・正しい=安全、ではない

残念ですが、子供たちには正しいことが必ずしも安全ではないことを教えなければいけません

赤信号でも通ってしまう車があること

歩行者道路を渡っていても車がつっこんでくるかもしれないこと

 

・話し合うこと

どんなにこうして!ああして!と教えても

危険だということを感じなければ子供は行動しないでしょう

交通事故はおきてほしくないと願っていますが

交通事故のニュースが報道されたときは、一緒に見て話し合うことで

より危険だということを感じることができるでしょう

 

母さん税理士は自分と子供たちを守るため、これらを実行します!

 

~今日のつぶやき~

今夜は実家にお泊りしています

子供たちは小旅行のようにウキウキしています

(自宅から徒歩30秒ですが、、、笑)

◆在宅勤務できる方募集→→募集を締め切らせていただきました

◆セミナー情報 9/12税理士が教える開業手続きから経理の基礎

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

LINEで送る
Pocket