LINEで送る
Pocket

あっちとこっちから内視鏡カメラを入れてきました

今日のブログは、人間ドックのリアル表現がありますので・・・苦手な人は読まないでね

IMG_1260

北海道のお土産

子供たちは朝からいくら丼にして大喜び~

 

人間ドックは経費にならない

個人事業主は自分で健康診断(人間ドック)をしようと思わなければ、する機会がありません

しかも自分で全額払わなければならないし、経費にすることもできません

もし経費にしたいのなら、社員がいて、その社員にも自分と同等レベルの健康診断(人間ドック)を受けさせる必要があります

母さん税理士には社員がいないので、もちろん経費になりません

 

そんなわけで、母さん税理士は今までは気が向いたときに八王子市の健康診断(基本的なもの)を受け

子宮頸がん検診と乳がん検診は、それぞれ専門のクリニックで毎年受けていました

 

人間ドックを受けようと思ったきっかけ

そんな母さん税理士ですが、人間ドックで隅々までチェックしようと思ったきっかけがあります

顧問契約が増えてきて、あるときふと思ったんです

母さん税理士が今何かの病気で倒れたら

仕事、家のこと、子供のこと、すべてが回らなくなるんだなあ・・・と

家庭のことは周りが助けてくれると思いますが、仕事のことは誰も助けてくれません

誰にとっても健康であることはとても大切ですが、

個人事業主にとって、健康であることはもちろん、病気になったら早めの発見と対策がとれることが重要であるのではないかと

 

あとは、ありきたりですが小林麻央さんの闘病ニュースです

母さん税理士よりも若いですが、同じく娘と息子がいて、闘病生活を送っている

歌舞伎役者の妻というお仕事をしている

なんだか自分にすごく重ねちゃったんですよね

 

そんなこんなで、近場で人間ドックができる病院を探して9月の週末に行ってきましたよ

ドキドキしながら(笑)

 

受付のときから母さん税理士担当の女性がついてくれて

受付のあと個室まで案内してもらいました

個室↓

IMG_1185

 

その後も検査室への案内、検査室から個室までの案内、すべて同じ女性が担当してくれて

母さん税理士の雑談にも付き合ってくれて

その女性のおかげで相当リラックスすることができました

ちなみに、元AKBの大島優子さんに似ていて、本当に似ていてかわいらしかったです

個室内の洗面↓

IMG_1186

 

人間ドックの流れ

受付の後、尿検査

個室に案内してもらって検査着に着替えて

胸のレントゲン

胸とお腹のCT

身長(1センチ伸びた!)

体重

視力(両眼1、5でした!唯一の自慢)

聴力

心電図

問診(ここで視力を褒められ、気分があがる母さん税理士)

ここまでで1時間くらい

余裕でした

痛いも苦しいもありません

 

その後、個室にもどって3時間ほど

1,5~2リットルの下剤を飲み、胃腸をきれいにしなければなりませんでした

今回の人間ドックでつらかったのはここ!!

 

紫の袋に入ったのが下剤(2リットル)、コップにうつして飲みます↓

IMG_1187

 

梅ジュースのような味なのですが、飲めば飲むほど、つらくなってくる・・・

普段500mlのペットボトルだってなかなか飲まないのに・・・

 

飲んで30分くらいから下痢が始まるのですが

体調不良による下痢とは違って、お腹が痛くなることはなく

もよおしてトイレに行くと下痢だった、みたいな感じで辛くありません

もちろん個室にトイレがついているので、テレビを見ながら下剤をのみ

もよおしたらトイレに行く、それを3時間ひたすら繰り返しました

IMG_1189

 

そして最後にこの状態の便でいいのか、スタッフにチェックしてもらいます

そう、あのかわいい大島優子さん(似)にチェックしてもらうのですよ

これもちょっといやだったな(苦笑)

ちなみに母さん税理士は1、5リットルくらい飲んだところでOKがでました

 

胃腸が空っぽになったことを、便の状態から確認したらいざ内視鏡検査へ

検査室のベットに横になって、その状態で採血検査

そのままルートをとっておき(点滴のように腕に針が刺さった状態にしておく)

あとで内視鏡検査で胃腸の動きをにぶくする薬をいれました

針を刺したのは、人間ドック中この1回だけです

ルートをとっておいてもらうのはいいですねー(注射は好きではないので)

 

点鼻薬の麻酔をして(鼻にスプレー、そのあと液体をつ~っと流す)

鼻から胃内視鏡検査です

嘔吐しそうになるような(おえっとなるような)苦しいことはなくて、

ただ母さん税理士は鼻炎だったらしく鼻にカメラを通すときに少し痛みました

それも通すときの一瞬だけ、その後は先生の話を聞きながらモニターを見ていました

10分くらいで検査が終わりました

 

しばらくすると、胃内視鏡検査と同じ先生が戻ってきて

今度は大腸内視鏡検査です

 

痛みを感じる人が多いらしく、鎮静剤をすすめられましたが

大島優子さん(似)からよくよく話を聞くと、痛みというか違和感で、妊娠したことがある人は胎動みたいだと言ってましたよ、とのこと

母さん税理士は先生の話を聞きながらモニターを見たかったので、鎮静剤は使わないことにしました

 

結果、本当に胎動みたいだった!!

息子の胎動は激しくて、ときどき、うっとうめき声をあげるくらい痛かったのですが

それに比べれば痛くない胎動くらいなものです

(先生が上手だった、ということもあるかもしれません)

自分の体内を見るって不思議な感覚でしたよ

 

そしてすべての検査が終了

個室に案内されて、着替えて、ベットで休んで(鼻の麻酔が少し残っていたので)

最後に会計をして終わりです

 

一通り終えて、やってしまえばあっという間でした

が、、、やっぱり下剤を飲むのはつらかったなあ

 

内視鏡検査の先生から、2年に1度の検査をすすめられましたが

またあの梅ジュースもどきを大量に飲むのかと思うと苦痛です

大島優子さん(似)によれば、ちょっと前まではもっと飲みにくい液体だったようで

今の梅ジュースもどきになって、まだましなんですよーと言われましたよ

 

母さん税理士の人間ドック体験はこんな感じでした

すでに結果は出ていて、ほぼ問題なしで一安心です

 

最近、健康診断はしましたか??

個人事業主は自分が意識をしないと、健康診断する機会がありません

このブログを読んで、意識するきっかけになったら幸いです

 

~今日のつぶやき~

これから今日24時までのとある課題をやらなければいけないのです

いそげーいそげー

◆イベント情報 12/4みんなで経理を頑張る会

◆イベント情報 12/5クラウド会計導入セミナー

◆イベント情報 ホームページ開設2周年キャンペーン

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

◆このブログは投稿日の法律、心境に基づいて書いています。 ブログの内容について、電話等での質問は受け付けておりません。ご了承ください。
LINEで送る
Pocket