母さん税理士おすすめ!イベント売上と経費を管理する方法

LINEで送る
Pocket

秋は楽しいイベントがいっぱいです

IMG_3704

やっと行けた@富士森公園

 

秋はイベントやお祭りがいっぱい

秋の週末は、参加型のイベント(ワークショップ)や

お祭り(八王子はいちょう祭りですね)など

家族で楽しめるイベントがたくさんありますね

母さん税理士も家族で楽しむことができるイベントが大好きです

 

こういうイベントは、ワンコインで参加や購入できるのも魅力です

 

主催者側は、ワンコインであってもきちんと収支の管理をする必要があります

 

収入の管理

イベントやお祭りでは、入れ代わり立ち代わりお客様が来るでしょう

1人1人に領収書をお渡しすることは現実的に難しい

だからといってイベント収入はそもそも少額であるから、なかったことに・・・というのはダメですよ

 

サービスメニューが一つで、価格も一つならば

イベント当日の現金残高=売上高とすることもできます

 

商品を販売する場合は

いくらの商品が、何個売れたのかを把握する必要があります

たとえばこんな表を使ってみてはいかがでしょうか

イベント中慌ただしいのであれば、個数のところは「正」の字を書いていけばよいでしょう

イベント収入管理

 

合計金額は、イベント終了後に計算し、実際の現金残高と照合してみましょう

 

支出の管理

イベント当日の支払った経費はもちろん

イベント準備のための支払った経費も一緒に管理しましょう

そうすることで、イベント単体でどのくらいの利益(損失)がでたのかを知ることができます

 

収入管理の表に、支出の管理表も作ってしまいましょう

収入合計から支出合計を引いた金額が、イベントの利益(損失)になります

イベント支払管理

 

領収書の管理

パソコンが得意であれば、エクセルで収入・支出の管理表を作ってもいいでしょう

でもイベント中にいちいち入力することはできないでしょうから

ノートや、メモ用紙に手書きしていくのが現実的ですね

 

領収書は、そのノートやメモ用紙にペタペタ貼ってしまいましょう

そのイベントに関するものがひとまとめになって、後で見直すときにわかりやすくなります

 

 

 

イベントに参加することは、必ずしも収入・利益のためではないでしょうが

イベント単体でどのくらい収入があったのか、支出があったのか

利益が出たのか出なかったのか、きちんと把握できるように管理しましょう

 

管理の仕方は、ご自身のサービスや商品に合った方法が一番ですが

いい方法がみつからないと悩んでいる方は、母さん税理士のこの表も参考にしてみてくださいね

販売実績やかかった経費の金額は、今後参加するイベントの参考資料にもなります!

もちろん、その後の経理もラクチンになりますよ!

 

~今日のつぶやき~

週末は富士森公園へ

IMG_3751

あの陸上競技場がこんな素敵に変身するとはね!!

IMG_3740

緑化フェア開催中に、また行きたいです

 

 

Follow me!

LINEで送る
Pocket