「事業」として成功するために、ママ起業家は家計と事業収支を分けて把握することが大切です

LINEで送る
Pocket

ママ起業家が最も気を付けなければいけないこと、家計と事業収支を分けることです

(個人事業主のママ起業家を前提としています)

IMG_8648

約1年前に壊れた体重計を新調しました

そして現実を直視しました(笑)

 

家計から事業経費を支払っていませんか

事業が成功して、事業で得た収入をプライベートで使うことはいいのですが(自分への給与というイメージですね)

事業が赤字のときに、家計のお金を事業のために使っていませんか

 

起業してすぐのときは、ある程度の初期投資が必要になるので家計のお金を使うことがあるかもしれません

しかし、それがずっと続くようでしたら、それは「事業」ではなく「趣味」と考えなければいけません

 

ここでいう家計というのは、旦那さんが働いて得た収入と、生活費・養育費などの支出のことです

 

家計と事業収支を把握していますか

本来、事業資金が不足した場合は、銀行などから借入をしなければいけません

そう考えると家計からママ起業家の事業経費を支出するということは、正確には旦那さんから借入をしているということになるのです

が、なかなかそんな風に考えられませんよね

 

家計と事業収支をしっかりと把握していないと、なんとなく足りない分を家計から補っているということがあります

そして家計に余裕があって、事業収支を管理してないママ起業家はそのことを把握せず、事業がうまくいっていると勘違いします

でもそれは、事業がうまくいっているのではないのです

 

「なんとなく足りない」ではなく、家計からいくら事業経費に使っているのかをきちんと把握しましょう

 

家計と事業収支を分けるためには

まずは事業用口座とプライベート口座は分けましょう

屋号の口座ではなく個人名の口座を事業用としてもよいです

大切なのは、事業用とプライベート用を分けることです

 

売上(収入)は事業用の口座に入金されるのが理想的です

現金売上が多い場合は、その現金をお財布に入れるのではなく、事業用の金庫または事業用口座にそのまま入金しましょう

 

そして事業経費を支払うときは、その金庫または事業用口座から支払いましょう

そうすることで、事業収入から事業経費が支払われていることを把握することができますし

事業用資金が足りなくて家計から補うということも「なんとなく」ではなく、しっかり把握することができます

 

これが理想の経理方法ですが、現実的に難しい面があります

お財布から事業経費を支払う場面がやっぱりありますからね

お財布の中に入っているお金を、これは仕事用、これはプライベート用なんてできません

 

そんなときは帳簿をつける、事業収支の集計をとる、などのいわゆる経理をしていると、数字上で事業が黒字なのか赤字なのか

赤字の場合はどれだけ赤字なのかがわかります

どれだけ赤字なのかがわかれば、赤字分だけ家計から補っているということを把握することができますよ

 

「趣味」ではなく「事業」として成功させるためにも、家計と事業収支を分けて把握し、数字上の黒字・赤字を把握しておきましょうね

 

~今日のつぶやき~

すっかりリフレッシュできた母さん税理士です!体重もしっかり増えていました~汗

今日はまず事務所に届いた大量の郵便物処理の仕事から…

 

 

 

 

 

Follow me!

LINEで送る
Pocket