エステサロンやマッサージ店は要チェック!回数券を販売したときの経理方法

LINEで送る
Pocket

お客様にとって回数券は嬉しいサービスですね

IMG_3649

電球じゃないよ、お酒だよ

 

回数券はお得なサービス

1回5,000円のエステやマッサージで、

10回分の回数券を買うと50,000円のところ45,000円になるよ

こういうサービスよくありますよね

 

お気に入りのエステやマッサージであれば

10回分の回数券を買った方がお得ですし!

 

エステやマッサージのお店では、

・10回分の回数券を45,000円で売ったとき

・その後サービスを提供するとき

どのような経理をしたらよいのか考えてみましょう

 

回数券を販売したとき

10回分の回数券を45,000円で売ったとき

 

現金 45,000円/ 前受金 45,000円

 

回数券を売っても、まだサービスを提供していません

売上を認識するのはサービスを提供したときです

「売上高」ではなく「前受金」を使いましょう

※前受金は負債の勘定科目です

 

回数券を使ったサービスを提供したとき

1回分の回数券を使ってエステやマッサージをしたとき

 

前受金 4,500円/ 売上高 4,500円

 

サービスを提供したときに、はじめて売上を認識します

1回分の売上高は4,500円です(45,000円/10回=4,500円)

前受金が4,500円減るので、前受金の残高は40,500円になります(45,000円-4,500円=40,500円)

 

回数券を10回分使い切ったときは

前受金の残高はゼロに、売上高は45,000円になります

 

 

【関連記事】

手付金、内金、着手金がある取引をした場合の仕訳と請求書の書き方

来年受講する予定のセミナー代金を今年支払ったら、今年の費用にはなりません

 

~今日のつぶやき~

 

ブログ2周年イベントは、コンサルの割引サービスにします!

詳細は近日中にお知らせします

すごーく割引にしますので、この機会にぜひお試しくださいね

 

Follow me!

LINEで送る
Pocket