LINEで送る
Pocket

子供に関する経費は基本経費にならないけれど・・・

IMG_0226

ランチ交流会のときのデザート@団欒

 

1枚のレシートに混在した場合

ママでもあり、起業家でもあれば

どうしても費用の中に子供に関するものが紛れてしまいますよね

 

たとえば母さん税理士の場合

八王子駅のLOFTでよく文具を買うのですが

仕事用の文具と一緒に、子供用の文具も買います

子供用の文具は経費になりませんが

こんなときわざわざレシート(領収書)を分ける必要はないですよ

 

レシートの中の、仕事用の部分にマーカーを引けばいいのです

そしてマーカーの部分だけ記帳(入力)しましょう

 

お祝い用の子供用品を買った場合

母さん税理士のまわりは、妊娠・出産ラッシュです(オメデタイ!)

お仕事関係の方のお祝い品と、プライベートな友人のお祝い品

どちらも子供用品ですが

お仕事関係の方のお祝い品は「交際費」になります

 

同じお店で買って、レシートが1枚になってしまったら

ここもマーカーをすれば大丈夫

 

西松屋で買った洋服、ユニクロで買った肌着、、、

そんなレシートがたくさんあってお祝い品と言われても

それはあなたの子供の日用品では??と思われても仕方がないですね

 

西松屋やユニクロが経費にならないというわけではなく

そこで頻繁に買っていたら、日用品だと思われる、ということです

 

子連れミーティングの場合

幼稚園がお休みの時、お客様に了解を得て子連れミーティングしたことがあります

そのときはファミレスでした

母さん税理士、お客様の飲み物、そして子供の飲み物を注文しますよね

このときの子供の飲み物、、、経費になる??

 

子供の飲み物は経費にはなりません

でもね、子連れミーティングは年に1度か2度、金額は経費全体の1%にも満たない

そんな重箱の隅をつつくほど

厳密な経理は求められていません

 

なのでうっかり飲み物代全額を経費(会議費)にしちゃっても

大きな問題にはならないのでご安心を…

 

ではどこまで「うっかり」しちゃっても大丈夫なの?

どこは厳密にしなくちゃいけないの?

そういったことは、事業規模、頻度、経費の内容によって異なります

 

年内にもう一度!という要望があり、12月5日に経理を頑張る会を開催します

心配な方は、こちらをご利用くださいね

個別にじっくり確認したい、という方は単発コンサルティングへどうぞ

 

~今日のつぶやき~

先日のランチ交流会、参加者の皆様がブログなどで感想を書いてくださいました

嬉しい。。。

嬉しすぎるので、ここでもご紹介です

熊谷美雪さんのブログ

小山りえさんのブログ

野尻枝里さんのブログ

 

 

◆在宅勤務できる方募集→→募集を締め切らせていただきました

◆セミナー情報 9/12税理士が教える開業手続きから経理の基礎

◆TwitterとFacebookでブログ更新情報が受け取れます

Twitter→ https://twitter.com/masako_tax
Facebook→ https://www.facebook.com/masakotax/

LINEで送る
Pocket